産業廃棄物の種類はたくさんある

事業所から排出される不用品や粗大ごみは自治体で回収すると言うことはあまりありません。
住民サービスで行っているだけで、事業所は事業所同士でやって欲しいという自治体の声もあるようです。
リサイクルできるごみもありますが「産業廃棄物」はどういった物があるのでしょうか。

燃えがら

ごみや石炭を燃やした後のかすのことです。

汚泥

敷地や工程から発生した泥のことです。

廃油

食べ物の油はもちろん、潤滑油なども含まれます。

廃酸・廃アルカリ

化学薬品の酸性・アルカリ性を確認しておきましょう。
写真を現像するときや、石けんを作るときに発生します。

廃プラスチック

廃タイヤも含み、固形・液状を問いません。

ゴム・金属・ガラス・コンクリートなどのくず

切削したときに出るくずや、研磨したときに出るくずなどです。

がれき

建物を解体したときに出る物です。
適当に埋めたり山に捨ててはいけません。

木くず・紙くず・繊維くず

これらは木材業者や製紙業者、衣料品製造業などに限られます。
おがくずや紙や布を切ったときの歯切れなどです。

動物系

家畜を飼っている場合、どうしても流通過程にのらない家畜が出てきてしまいます。
そうした家畜も産廃物です。

環境のために

これらは正しい処分方法に従わないと街中がごみだらけになってしまいます。
また再生しないごみから、けがや病気の原因になる物まであります。
事業所自身で処理することが出来ないならば、業者に依頼することをおすすめします。